過払い金って何だ?

過払い金って何だ?

過払い金というのは、払いすぎた金利のことです。
高い金利の借金をしていて長年にわたり返済を続けているという人は、「過払い金」が発生していないかどうか調べてみることをお勧めします。わりと最近(2007年頃)まで、多くの一般の消費者金融・カード会社が利息制限法に定められている上限以上の利息でお金を貸していました。
過去に遡って過払い分を調査して、払いすぎていた金利がある場合過払い分が返ってきます。

 

すでに借金を完済していて今は返済をしていないという人も、過去の借金について調査をして過払い分を取り戻すことができます。

過払い金を返還請求するには?

過払い金の返還交渉はプロにお任せした方が良いでしょう。
知識のある弁護士が介入することで、より高い額の過払い金が回収できることがあります。
業者の方もあれこれ提案や条件を出してきますが、弁護士はそれに対して、法律に基づき債務者の損にならないよう手続きを進めてくれます。
交渉ごとや法律、裁判について知識の無い人は、過払い金の交渉はプロに依頼しましょう。

過払い金の返還請求って、どんなことをするの?

・受任通知の発送
まず、依頼をした弁護士がお金を貸した業者に「受任通知」を送ります。
借金を完済していない業者の場合、業者に通知が届くと、業者からの借金請求が止まります。

 

・取引履歴を調査
弁護士は、今までの取引経過を知るために取引履歴を業者から取り寄せ、調査します。
悪質な業者だと、取引経過を提出しないようなこともあります。業者が取引経過の提出を拒み続けるような場合には、裁判を起こして取引経過を提出させることもあります。

 

・過払い金返還の交渉
取引履歴の調査後、過払い金が発生していた場合には業者に過払い金返還請求を行います。業者からは、低い額の提示があることもありますが、ここは粘り強く交渉です。

 

・過払い金回収のための裁判
交渉で決着がつかない場合には、過払い金を回収するための裁判を起こします。裁判になると、交渉時より高額の過払い金が回収できることが多くなります。

 

・和解
交渉、裁判の途中で業者と折り合いがついた場合、和解となります。和解内容に基づき、過払い金の回収が行われます。

 

・判決
和解にならない場合、裁判を最後まで行い裁判所から判決が出ます。判決の内容に基づき、過払い金が回収されることになります。
過払い金から弁護士への報酬が差し引かれ、残りの過払い金は依頼者に返還されることになります。

 

これだけの手続きを、法律の知識や経験のない個人が一人でやるのは難しいでしょう。やはり、プロに任せることをお勧めします。まずは借金の相談に乗ってくれる法律事務所を探して、相談に行きましょう。