多重債務にならないために(借金の予定かある方必見)

多重債務にならないために(借金の予定かある方必見)

答えからズバリいいます。

 

『多重債務にならないために』最も大切なことは、借金をする前の『返済計画』です。"しっかりとした返済計画を立て、十分に考えることで、多重債務になることが避けられます。"

 

それでは『多重債務にならない返済計画』についてお話ししましょう。借金をする予定のある方は、参考にすると良いでしょう。

 

まず返済計画に大切なのは、収入と支出のバランスです。

現状で、毎月の収入に対して支出がいくらあるのか、計算してみましょう。支出は、必ず出ていくお金と出る可能性のあるお金を想定しましょう。出費の多い月で考えると良いですね。また、万が一緊急の出費があった場合に返済に充てるお金はどうするのか、ということも考えておかなければいけません。

 

次に、返済が楽にできる方法を考えます。

返済が苦痛になってしまうと、返済が滞る原因になったり、多重債務の第一歩を踏み出してしまう恐れがあります。借金をするときには第一に返済のことを考え、家計簿をつけて無駄を削り、なるべく楽に返済できるようにしましょう。削れる分を削って、削った分を返済に充てることで、返済期間が短縮になります。

 

また、万が一返済ができなくなったときのことを想定して、債務整理についても調べておくと良いでしょう。

早いタイミングで行動を起こすことができるかどうかは、知識があるかないかの違いです。解決法を知っていれば、慌てることなく早めの対応をすることができます。借金をするときには返済計画を立てることと、同時に借金についても知識も身に付けると良いでしょう。

信用の上に成り立つ借金

自動車ローンや住宅ローンを組む際、たくさんの書類を提出します。
大きなお金を貸し出すわけですから、当然債務者が信用できる人間かどうか、返済能力があるかどうかが問われます。

 

しかしカードローンやキャッシングは手続きが簡単で即日融資が売りとなっている場合が多く、申し込み当日にお金を受け取ることができます。
また、『来店不要』としているところが多く、電話やインターネットで申し込み、通帳に現金が振り込まれる手軽さです。
勤め先への在籍確認と本人申告の勤続年数と年収で、簡単にお金を借りられるのです。

 

しかし、そんな手軽で簡単な借り入れであっても、本来は返済計画を立てる必要がありますし、借金をすれば期日までの返済は当たり前のことです。
「手軽で簡単だから、多少返済が遅れても大丈夫!」ということはありません。
たった1日でも遅れれば、遅れは遅れです。
信用情報機関に記録されますし、遅れが重なればほかのローンや借り入れができなくなる場合もあります。
『お金の貸し出しは信用できない人間にはしない』『期日までの返済ができない人間は信用に価しない』ということですね。

 

手続きが簡単だったからチョロイ!チョロイ!ということはないのです。
『手続き簡単、来店不要、即日融資』と謳っているところだって、信用できない人間にはそれ以上の貸し出しはしませんし、延滞すれば取り立てや督促もします。
住宅ローンや自動車ローンが組めなくなる事態にならないように、返済計画を立てた上で借り入れするようにしましょう。
既に借金のある方は見直しをして返済計画をしっかりと立て、これから利用する方も返済計画を立てた上で利用しましょう。