個人再生をすると、その後の生活はどう変化する?

個人再生をすると、その後の生活はどう変化する?

自己破産と違い、家や車などの財産を失うことはないので個人再生をした後も生活はそれほど大きく変わりません。3年〜5年かけて再生計画に沿った返済を続けていくわけですが、債務額は原則5分の1程度に減額されているわけですし、以前と比べて返済はとても楽になるはずです。

 

信用情報機関に事故情報が載るので、新しい借り入れやクレジットカードの作成、新規ローンの利用などはできなくなります。ただしこれは一定期間に限るので、情報が削除されれば再び借り入れ・クレジットカードの作成は可能になります。

 

また、国が発行する「官報」に住所氏名が乗ることになります。官報を隅々までチェックしている人はあまりいないので、家族や会社に個人再生の事実がバレてしまうということは考えにくいのですが、ヤミ金業者に目をつけられる危険があります。ブラックリスト入りして新たな借り入れができなくなっているはずの人に狙いを定めて、ダイレクトメールなどで勧誘してきます。せっかく個人再生の手続きをしても、ここでまたヤミ金や高利貸しから借金をしてしまったのでは元の木阿弥です。ここで誘惑に負けないようにしないといけませんね。

 

大切なことは、同じ過ちを繰り返さないことです。借金を繰り返す人生は幸せで実りのある人生と言えるでしょうか。個人再生を利用して、返済苦から逃れる大きなチャンスを得たのですから、チャンスを無駄にすることなく債務を完済し借金のない普通の毎日へ戻れるよう、覚悟を決めて借金を繰り返さない努力をすることが必要です。

 

>>僕の借金返済体験談はこちら<<

関連ページ

任意整理を利用するための条件とは?
任意整理をしよう!と思っても、任意整理という制度を利用するためには、いくつかの条件を満たさなければなりません。その条件をまとめています。
任意整理って、どんなことをするの?手続き方法
任意整理って、どんなことをするの?手続き方法
任意整理をすると、その後の生活はどう変化する?
任意整理をすると、その後の生活はどう変化する?
任意整理を弁護士に依頼すると、かかる費用はどのくらい?
任意整理を弁護士に依頼すると、かかる費用はどのくらい?
特定調停をするための条件
特定調停をするための条件
特定調停の手続きを開始した後の流れ
特定調停の手続きを開始した後の流れ
特定調停のメリット・デメリット
特定調停のメリット・デメリット
特定調停後、生活はどう変わる?
特定調停後、生活はどう変わる?
個人再生のメリット・デメリット
個人再生のメリット・デメリット
個人再生をするために満たすべき条件
個人再生をするために満たすべき条件
個人再生の手続きの進め方は?
個人再生の手続きの進め方は?
自己破産をするメリット・デメリット
自己破産をするメリット・デメリット
自己破産をすると何が起きるの?生活はどう変わる?
自己破産をすると何が起きるの?生活はどう変わる?
自己破産手続きの実際の流れ
自己破産手続きの実際の流れ

借金返済方法