個人再生をするために満たすべき条件

個人再生をするために満たすべき条件

個人再生を行うためには条件を満たしている必要があります。

 

・小規模個人再生の条件
債務者が個人であり、将来にわたって安定した収入が見込めること、そして住宅ローンを除いた債務総額が5,000万円以下であること、減額後の債務を3年(理由があり認められた場合は5年)で返済できることが条件となります。

 

・給与所得者再生の条件
小規模個人再生の条件を満たしている上で、さらにいくつかの条件を満たしていれば給与所得者再生の手続きをすることができます。

 

定期的な所得の変動が年間2割以下であること(収入が大きく変動しないこと)、以前に自己破産や個人再生をしている場合には、そこから7年以上が経過していることなどが条件となります。

 

簡単にまとめてしまうと、個人再生をするためには安定した収入があるということと、分割返済が継続できることが大切なポイントとなります。生活保護受給者など、収入があっても生活に充てるお金で精一杯、返済に回すお金が十分にないと考えられる場合には個人再生の手続きは行えません。

 

>>僕の借金返済体験談はこちら<<

関連ページ

任意整理を利用するための条件とは?
任意整理をしよう!と思っても、任意整理という制度を利用するためには、いくつかの条件を満たさなければなりません。その条件をまとめています。
任意整理って、どんなことをするの?手続き方法
任意整理って、どんなことをするの?手続き方法
任意整理をすると、その後の生活はどう変化する?
任意整理をすると、その後の生活はどう変化する?
任意整理を弁護士に依頼すると、かかる費用はどのくらい?
任意整理を弁護士に依頼すると、かかる費用はどのくらい?
特定調停をするための条件
特定調停をするための条件
特定調停の手続きを開始した後の流れ
特定調停の手続きを開始した後の流れ
特定調停のメリット・デメリット
特定調停のメリット・デメリット
特定調停後、生活はどう変わる?
特定調停後、生活はどう変わる?
個人再生のメリット・デメリット
個人再生のメリット・デメリット
個人再生の手続きの進め方は?
個人再生の手続きの進め方は?
個人再生をすると、その後の生活はどう変化する?
個人再生をすると、その後の生活はどう変化する?
自己破産をするメリット・デメリット
自己破産をするメリット・デメリット
自己破産をすると何が起きるの?生活はどう変わる?
自己破産をすると何が起きるの?生活はどう変わる?
自己破産手続きの実際の流れ
自己破産手続きの実際の流れ

借金返済方法