個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリット

こちらのページでは個人再生のメリット・デメリットを書いておきます。

 

個人再生のメリット

・自分の財産を守ることができる
自己破産手続きと違い、自宅・車などの財産を手放さずに手続きを進めることができます。債務整理を行うときに、自己破産は避けたいという人が多くいますが、そういう人が自己破産をせずに債務整理できる方法が個人再生というわけですね。

 

個人再生の手続きをすると、給料の差し押さえ等の強制執行は行われなくなります。自分の財産を守りつつ返済を続けていくことになります。

 

・住宅ローン以外の借金が大幅に減額される
債務が原則5分の1に減額され、3年間分割して返済していくことになります。事情がある場合には、5年間の分割返済も可能です。自己破産のように借金が全て免除になるわけではありませんが、減額されての分割返済になるので借金の返済が楽になります。

 

・ギャンブルや浪費が理由の借金でも手続きができる
投資、ギャンブルが理由でできた借金では、債務整理の手続きができないこともあり、自己破産は認められにくい場合が多いようです。ですが、個人再生は借金の理由がFX、パチンコ、スロットなどであっても手続きが可能です。

 

個人再生のデメリット

・借金がゼロにはならない
メリットもあればデメリットもあります。個人再生は自己破産とは違い、借金の返済が免除されるということはありません。返済額は大幅に減少しますが、返済は続けなくてはいけません。また、住宅ローンは減額の対象にはなりません。

 

・安定した収入があることが条件
個人再生を利用するためには、借入金や収入面の条件を満たしている必要があります。今後返済が継続できる安定した収入がないと、手続きはできません。返済は通常3年間の分割返済になりますが、途中で返済ができなくなると手続きが無効になってしまうので注意してください。

 

・個人信用情報(ブラックリスト)に履歴が残る
個人再生は債務整理の一種なので、手続きを行えば個人信用情報(ブラックリスト)に名前が載ることになります。登録情報が消えない限り、新しくお金を借り入れる、新しいクレジットカードを発行する、新規ローンを組むことなどはできなくなります。

 

・裁判所の費用など、手続きにお金がかかる
個人再生は裁判所を通じて手続きを行うので、そのための費用が発生します。弁護士・司法書士への依頼にもお金がかかりますし、通常報酬金は20万〜30万円ほどになることが多いようです。その他、裁判所への予納金、申立書の作成に必要な収入印紙などの費用がかかるので20万円ほどの費用が必要です。そもそも個人再生を利用するためには安定した収入があることが条件となりますが、別途こういった費用がかかることも覚えておいた方が良いでしょう。

 

ただし、手続きにかかる費用は依頼した専門家により違いますし、申し立てそする裁判所によっても違ってきます。上に書いたことはおおよその目安額と考えてください。

 

>>僕の借金返済体験談はこちら<<

 

 

関連ページ

任意整理を利用するための条件とは?
任意整理をしよう!と思っても、任意整理という制度を利用するためには、いくつかの条件を満たさなければなりません。その条件をまとめています。
任意整理って、どんなことをするの?手続き方法
任意整理って、どんなことをするの?手続き方法
任意整理をすると、その後の生活はどう変化する?
任意整理をすると、その後の生活はどう変化する?
任意整理を弁護士に依頼すると、かかる費用はどのくらい?
任意整理を弁護士に依頼すると、かかる費用はどのくらい?
特定調停をするための条件
特定調停をするための条件
特定調停の手続きを開始した後の流れ
特定調停の手続きを開始した後の流れ
特定調停のメリット・デメリット
特定調停のメリット・デメリット
特定調停後、生活はどう変わる?
特定調停後、生活はどう変わる?
個人再生をするために満たすべき条件
個人再生をするために満たすべき条件
個人再生の手続きの進め方は?
個人再生の手続きの進め方は?
個人再生をすると、その後の生活はどう変化する?
個人再生をすると、その後の生活はどう変化する?
自己破産をするメリット・デメリット
自己破産をするメリット・デメリット
自己破産をすると何が起きるの?生活はどう変わる?
自己破産をすると何が起きるの?生活はどう変わる?
自己破産手続きの実際の流れ
自己破産手続きの実際の流れ

借金返済方法