違法な取り立てに注意して!

違法な取り立てに注意して!

借金の返済が滞ると、まず何が起こるでしょうか?

 

最初は確認の電話がかかってきます。それから何度か催促の電話がかかってくるでしょう。そのまま返済をしないでいると、督促状が郵送で届きます。返済をしない、または相手が納得する説明や対応をしないと、その後取り立てが始まります。

 

取り立てには、やり方にルールがあり守るべき法律も定められています。「お金を返さない自分が悪い」と思ってあらゆる取り立てに耐えていてはいけません。取り立ての内容に違法行為があった場合には、弁護士や警察に相談してください。

 

取り立てに関する主なルール

正当な理由がある場合以外、決められた時間外で取り立て行為をすることは禁止
朝9時から夜8時以外の時間帯に電話、FAX、訪問による取り立てはできません。

 

正当な理由無しに、債務者本人以外への電話、FAX、訪問は禁止
家族、会社、近所の人に対して債務者が借金をしていることを知らしめるような行為や、迷惑行為は禁止されています。

 

自宅への取り立ての際、債務者が退去してほしい意図を示した場合、取り立ての継続は禁止
債権者が債務者の自宅へ取り立てに行くことは禁止行為ではありません。ただし、債務者が「退去してほしい」という意思を示した場合、従わずに退去しないのは違法です。

 

債務者の借金やプライベートについて張り紙・立て看板などで事実を公表することは禁止
債務者の個人的な事柄について、近所の人などに知らしめるような行為は禁止されています。

 

返済のお金を債務者以外の人から借りいれるよう、債務者に要求することは禁止
返済が滞っている債務者に、他社・他人からお金を調達してくるよう求めることはできません。

 

債務者本人以外の人に代理返済を要求することは禁止
返済義務があるのは債務者本人のみです。その他の人に債務者の借金を肩代わりするように要求することはできません。(債務者の家族などが、自主的に肩代わりすることを申し出た場合は例外です。)

 

債務者が債務整理を依頼したという通知を受けた以降に、債務者へ返済の要求を続けることを禁止
弁護士、司法書士などに債務者が債務整理を依頼すると、債権者に通知が行くようになっています。この通知を受けた後の取り立て行為は禁止されています。

 

違法な取り立て行為があった時、どうすればいい?

関連ページ

違法な取り立て行為があった時、どうすればいい?
借金を返済しないと、取り立てが家まで来ることがあります。「怖いお兄さんたちがやって来るのかも・・・」と想像する人もいるでしょう。あるいは、「あんな乱暴な取り立ては、ドラマの中だけの話でしょ」と考える人もいると思います。
督促、取り立て、生活の破綻
借金の返済が滞ると、上でも1度説明しましたがまずは電話連絡が入ります。最初は確認の連絡なので、「返済が確認できません」と礼儀正しく丁寧な連絡が来るでしょう。電話での確認後も返済をしないでいると、催促の連絡が何度かかかってきます。それでも返済をしないと、督促状が送られてきます。督促状も、1通だけでは終わらず何通も送られてくることがあります。

借金返済方法