督促、取り立て、生活の破綻

督促、取り立て、生活の破綻が始まります。

借金の返済が滞ると、前頁でも1度説明しましたがまずは電話連絡が入ります。最初は確認の連絡なので、「返済が確認できません」と礼儀正しく丁寧な連絡が来るでしょう。電話での確認後も返済をしないでいると、催促の連絡が何度かかかってきます。

 

それでも返済をしないと、督促状が送られてきます。督促状も、1通だけでは終わらず何通も送られてくることがあります。
電話も変わらずかかってきますが、だんだん相手側の口調も厳しくなります。
それでも返済をしないでいると、取り立てが家に来ることがあります。

 

このように、取り立てが実際に家に来るまでには段階があり、時間もかかります。本当に取り立てが始まってしまう前に、どうにか返済をすませるか、相手に納得してもらう対応を取るようにしましょう。金融業者によっては取り立てをしないところもありますが、何度も何度も繰り返し家に取り立てにやって来る金融業者もあります。

 

そしてそんな状況の時、債務者の生活はどうなっているでしょうか。何度も催促の電話がかかってきて、督促状まで届いているのに返済ができない状況ということは、普段の日常生活にも大きく支障が出ていると言って間違い無いと思います。

 

家賃も滞納、ガス・電気・水道料金も滞納という状態になっているのではないでしょうか。
家賃の滞納が続けば家を出て行けと言われます。
税金の支払いを滞納していると督促状が届きます。
ガス・電気・水道に関しては、滞納を続ければ供給がストップしてしまい使用できなくなります。

 

借金返済のために借金を繰り返すような自転車操業をしていたとしても、そういう人はブラックリストに載ってしまうのでどこかの時点でどこからも借金ができなくなります。
ここまで来ると、生活はすでに破綻してしまっています。

 

生活の破綻を招くほどの、膨大な額の借金だったのでしょうか?そうでは無い人がほとんどです。最初は返済できると思うお金を借り入れているのです。

 

ところが、利息額が予想以上に大きくて返済がキツイとか、何か事情があって返済が厳しくなった時に別で借金をして返済に充て多重債務状態になってしまったりと、いろいろな過程を経て、返済ができなくなり生活が破綻してしまうのです。ある日突然生活が破綻することはありません。そうなるまでに、ある程度時間がかかっていたはずです。

 

返済が困難になった、返済を続けていくのが難しいと思ったら、できるだけ早く専門家や専門機関に相談するようにしてください。

 

無料で借金返済の相談をする

 

>>僕の借金返済体験談はこちら<<

関連ページ

違法な取り立てに注意して!
借金の返済が滞ると、まず何が起こるでしょうか? 最初は確認の電話がかかってきます。それから何度か催促の電話がかかってくるでしょう。そのまま返済をしないでいると、督促状が郵送で届きます。返済をしない、または相手が納得する説明や対応をしないと、その後取り立てが始まります
違法な取り立て行為があった時、どうすればいい?
借金を返済しないと、取り立てが家まで来ることがあります。「怖いお兄さんたちがやって来るのかも・・・」と想像する人もいるでしょう。あるいは、「あんな乱暴な取り立ては、ドラマの中だけの話でしょ」と考える人もいると思います。

借金返済方法