借金返済の時効があるってホント?

借金返済の時効があるってホント?

借金は完済しなければ永遠に消えない、と思っている方は多いのではないでしょうか。
実は、借金には時効があります。
ただし、時効成立には一定の条件があるため、決して時間が解決するということではないので勘違いは禁物です。

 

また、時効が成立することで借金返済の義務は抹消されますが、借り入れした債権者に対して利益を受けるという内容をこちらから示す必要があります。
一般的には配達証明付きの内容証明郵便で通知書を送り、時効の援用を受けるというやり方になります。
配達証明付き内容証明郵便を送ることで「〇月〇日、〜〜の内容の文書を送付しました」という証明を日本郵便がしてくれます。
文書の到達や内容証明が証拠となるため、必ず利用してください。
返済を滞納したまま一定期間の経過で援用を受けることができる時効ですから、内容証明を郵便で送付することは非常に勇気が要ることです。

 

借金返済の時効は、一般的な事件などの時効とは違います。
本人の意思表示をすることで時効が成立するため、債権者が簡単に権利を消滅させるわけがないのです。
ほとんどの場合で、何が何でも取り戻そうとするでしょう。
つまり借金返済の時効とは、あくまでも債権者の権利が消滅することなので、伴って債務者に返済義務がなくなるということです。

 

返済の請求や差し押さえなどがあったとしても、それは権利を行使した結果です。
また、債務者が借金返済を認めた場合も、時効は中断されます。
時効が中断されると返済期間が延長されるので、時効の援用を受ける際は時効状態かどうかの確認をすることが重要です。

 

果たして自分の借金は時効になったのか?
権利の行使をする前に、専門家に時効状態の確認をしてもらいましょう。
手続きは自分で行うことができますが、「実際に行使したら時効になっていなかった!」ということも有り得ます。