借金をするときの注意点があった

借金をするときの注意点

ほとんどの人はわかっていることだと思いますが、大切なことなので繰り返して書いておきます。借金には利息がつきます。そして借金の返済をすると、その返済金は元金返済より利息分に優先的に入金されます。

 

1万円の返済をしたら、借金が1万円分減ったということにはなりません。返済したお金はまず利息に充てられ、その残りが元金の返済に充てられます。利息だけを返済し続け、いつまでも元金が返済できないような状況に陥ってしまうこともよくあることです。

 

"複数の金融業者からお金を借りている人は特に注意が必要です。"借金返済額が大きくなり、どこかの業者には返済するとどこかの業者には返済できないような状況に陥ります。返済ができない業者からは、督促の電話がかかってきます。
それを避けたくて利息分だけを入金するような状況が続いている場合があります。でもそれでは、借金はいつまでも無くならず、延々と利息だけを払い続けなければなりません。

 

いくつもの業者から借金をして、返済総額が膨れ上がるととにかくその月その月をしのがなければという意識が強くなってしまいます。けれども、それでは返済は永遠に終わりません。その場をしのぐだけの入金はせずに、借金完済を目指した返済計画を立てる必要があります。利息入金だけの返済が続いてしまっている場合、借金の整理をしなければなりません。複数の金融業者を利用している人は、1社にまとめる、金利の低い業者で借り換えるなど、方法はいくつかあります。

 

ただし、多重債務に陥っている人は、借り換えができなかったり1社にまとめ変えることができないことがあります。そんな人に近寄ってくるのが、悪徳業者です。あちこちからお金を借り入れているのに更に借金OK、返済困難な状況なのに借金OKという態度で近寄ってくる金融業社は悪徳業者の場合が高いです。

 

借金の返済に困っても、悪徳業者の誘いに乗ってはいけません。
借金を増やしても何の解決にもなりません。もっともっと苦しくなるだけです。
債務整理をすることが、借金地獄から抜け出す手段です。