借金地獄体験談

簡単に借りられたお金、返済は簡単にはいきません。

年齢:30歳
性別:女性
職業:主婦
家族構成:夫、娘(1歳)

 

消費者金融2社、クレジットカード会社7社で総額は約300万円ほどになりました。

 

日々の生活費、家賃、光熱費、保険などに支払っていたら返済にまわせるお金がまったく残らず、ずっと滞納が続いている状態です。クレジットカード会社7社の内2社からは訴状も出ていて、裁判所からの通達もきています。

 

子供も産まれてこれからどんどんお金が必要になっていくのに、貯金どころか借金返済にもお金を使えない状況になってしまっています。お金の管理はすべて夫が行っていて、私は1ヶ月の間に何をいくら払っているのかも正確には知りません。夫の「大丈夫、ちゃんと払う」という言葉を信じ続けていましたが、結局夫の安月給ではどうにもできず、すべて滞納して借金は増えていくばかりであったため、相談して自己破産手続きをすることにしました。どちらにしろ訴状まで出て私が訴えられている状況に追い込まれてしまったため、弁護士に相談し手続きをしています。

 

独身時代、アルバイトもなかなか見つからず生活費もない状況になった為、消費者金融で50万ほど借りました。その後今の夫と知り合い同棲を始めたころ、夫が転職のため仕事を辞めて半年間働かず、私だけが仕事をしている状態になりました。そのころ私がいない間に私名義でクレジットカードを作りまくり、勝手に使い込まれてしまったため借金が膨れ上がりました。

 

仕事をしていた間はコツコツ返済していましたが、夫が仕事を辞めて働かなくなったころから借金が膨れ上がり、私の給料では支払いきれなくなりました。妊娠・出産を機に私が仕事を辞めて夫が仕事を始めましたが、そのころには各社総額月に30万程度請求されてしまうため、とてもではないが返済は不可能でした。1~2ヶ月程度滞納しつつ返済していましたが子育てにもお金がかかるし、返済能力の限界があったため自己破産手続きを行いました。

 

最初に自分で借りた50万程度もまともに返済しきれず、クレジットカードの返済も滞ってしまい日々の生活にも困るのに夫の金遣いは荒いままでイライラしていました。望んでいた子供もできたのにどうやって生活していけばいいのかと不安な日々をすごしました。多額の借金を作った挙句返済すらまともにできない現状に情けなさも感じていました。

関連ページ

クレジットカード現金化により人生に狂いが生じた借金生活
クレジットカード現金化により人生に狂いが生じた借金生活。借金地獄に苦しんだ方々に独自にアンケートを取り、なぜ借金をしてしまったのか、どのように借金を返済していったのか、その借金地獄の経験談をまとめて書いています。
精神疾患の治療に伴い、経済負担も大きな課題
精神疾患の治療に伴い、経済負担も大きな課題。借金地獄に苦しんだ方々に独自にアンケートを取り、なぜ借金をしてしまったのか、どのように借金を返済していったのか、その借金地獄の経験談をまとめて書いています。