借金をしているという自覚を持つ

「借金をしているのだ」という自覚を持つのが大切。

多重債務をしている人に話を聞くと、返済できないほどの多額の借金をしている自覚が無い人が多いことに驚かされます。カードローン、キャッシングなどを利用すると誰でも簡単に借金ができてしまうので、"その手軽さゆえ「借金をしている」意識が薄い人が多い"のです。お金がない時にATMに行き自分の貯金を引き出すのと同じような感覚で、借金をしている人がいます。

 

住宅、車など大きな買い物の際にローンを組む時には、書類を揃え審査に通って初めてお金は借りることができます。それなりに時間がかかり緊張感も伴うものなので、「お金を借りた」と言う実感が生まれます。

 

しかし、キャッシング・カードローンでお金を借りる時は数万円〜数十万円と額もそれほど大きくない上、いつも持ち歩いている身分証明書と、あとは収入証明書くらいを用意すればわりと簡単に審査には通ってしまいます。「即日融資」を謳っている金融業社も数多くあり、お金が必要な時にすぐに借金ができるようになりました。誰かと対面してお金を貸してもうらのでもなく、電話やインターネットで申し込むので誰にも会わず、誰とも直接会話をせずに借金ができるようになりました。その手軽さが、借金に対する責任や意識を薄れさせてしまうのです。

 

金融業社にしてみれば、便利さや手軽さを売りにすることで利用者が増えることを狙っているわけですから目論見どおりということですね。お金が必要になった時にすぐに簡単に借りられるのは便利なことですが、緊張感や責任感を持たずにお金を借りて、返済のことを真剣に考えていない人が多いことは問題です。何気なく繰り返していた借金から多重債務に陥り、借金地獄へ落ちてしまう人もいます。

 

"カードローン、キャッシングを利用する時、「借金をしているのだ」という自覚を持つようにしましょう。"