手軽に利用できる制度でも、借金は借金!

手軽に利用できる制度でも、借金は借金!

お金を借りることは、悪いことではありません。後ろめたく感じる人も多いようですが、借金自体は違法でも違反でもありません。借りたお金をきちんと返せるなら、堂々と借金をしても良いのではないでしょうか。大切なことは、お金を借りるときにしっかりとした返済計画をたてることです。

 

ところが、最近はクレジットカードを持っていれば簡単にキャッシングができたり、ローンを組んでショッピングを楽しむことができるようになり誰でも簡単にお金が借りられるようになりました。クレジットカードを使って現金を得る方法は、銀行のカードを使ってATMから貯金を引き出すのと似ています。まるで、借金をしているのではなく自分の持っているお金を引き出しているかのような錯覚を起こしてしまう人もいます。そのくらい、ごく簡単に気軽にお金が借りられるようになりました。そのためお金を借り入れるときに、借りた後にかかる利息のことや収支バランスを考えず、しっかりとした返済計画を立てていない人が非常に多いのです。

 

最近はリボ払い制度を利用する人も増えてきました。リポ払いにすると、買い物や旅行で使ったお金の返済が毎月定額になるので、負担が少なくなって楽だからと利用する人が多いですが、具体的に返済期間がどのくらいになり、金利がどのくらい付くのかということを確認しておく必要があります。きちんと返済額の総額を把握しておかないと、気が付いたときには借金が膨れ上がっていることも。膨れ上がった借金を返済するために、別のクレジットカードでキャッシングをして、さらにまた新しいクレジットカードを作って・・・と、結局多重債務状態に陥ってしまいます。

 

"手軽で便利な制度でも、お金を借りれば借金です。"借金には利息がつきます。1社から借金をすればそこに金利が付き、その返済をするために別の金融会社から借金をすればまたそこに金利が上乗せされます。金利しか返済できないような状況になったら、もう後は時間の問題で生活が破綻するでしょう。

 

手軽さに惑わされず、借金をしているという自覚を持つことが大事です。