ソフトヤミ金とは?

ソフトヤミ金とは?

『ヤミ金』ではなく、『ソフトヤミ金』という貸金業者をご存知でしょうか。
最近増えています。
しかし『ソフトヤミ金』も『ヤミ金』の一つと考えて良いでしょう。

 

ヤミ金とソフトヤミ金の違いは、その名の通り『ソフト』だという点です。
金利、対応、取り立て、全てがソフトなのが『ソフトヤミ金』です。
そして基本的に貸し付けは小口で、短期で回収するのも特徴の一つですね。

 

対象は一般の消費者金融業者からの借り入れができない人たち、主婦、生活保護受給者、年金生活者などです。
どこからも借り入れできない人を対象に、非常に親身になって相談にのってくれるのもソフトヤミ金の特徴だと言えるでしょう。
つい心を許して「いい人だな」と勘違いさせ、お金を貸し出して高い金利で回収します。
借り入れしたのが主婦の場合、給料日にデートのように待ち合わせをして、行動を共にし最後に返済額を要求したり。
生活保護受給者や年金生活者の場合、受給日に家の近くまでわざわざ返済額と取りに来たり。
話し相手が欲しい人や頼るところがなかった方にとっては、まるで『頼れるいい人』のように感じてしまう場合もあるでしょう。
しかしそこには落とし穴があります。
金利は『ヤミ金』に比べてソフトではありますが、決して安くはありません。
例えば、「2万円の貸し付けに対して、10日後に3万円の返済」といった感じです。
10日で50%の金利の計算になりますが、月利150%、年利1800%ということになります。
考えられない数字ですね。

 

しかしそれでも借り入れる人が後を絶たないのは、短期間の返済で年利の計算をしないことやそこにある「親身になって相談にのる」という関わり方に原因がありそうです。