おまとめローンって何だ?

おまとめローンって何だ?

最近、「おまとめローン」の宣伝やキャンペーンを見かけることがありませんか?
おまとめローンって何だろう?と思っている人もいると思います。
おまとめローンというのは、複数の金融業者(貸金業者や信販会社)からお金を借り入れている人向けに、別の金融機関・信販会社が借金総額を一括融資し、一度複数社からの借金を完済させるサービスです。借金は総額を融資してくれた会社に残りますが、借入先が一本化されるのでその後の返済が楽になる、というものです。

 

おまとめローンの広告は、良さそうなことばかり謳っていますが本当に借金を一本化すると返済が楽になるのでしょうか?
具体的な例を見てみましょう。

 

【5つの金融機関から総額200万円の借金がある人の場合】

 

金融機関1 30万円
金融機関2 40万円
金融機関3 50万円
金融機関4 25万円
金融機関5 55万円

 

銀行Aのおまとめローンを利用 
→5つの金融機関に借り入れている借金200万円を銀行Aが融資 
→5つの金融機関の借金を完済
→銀行Aに200万円+利息の借金が残るので、その後は銀行Aに借金を返済していく

 

これがおまとめローンの仕組みと、利用後の流れです。

 

○メリット
5つの金融機関に借金があると、それぞれ異なる金利があり返済期日もバラバラです。返済計画も立てにくくなります。返済先がA銀行1箇所になることで、返済日は月に1回、金利も変わらず振込手数料も1回分で済むようになります。
5社バラバラに返済をしていた時より毎月の返済額が下がります。どこか1社の返済が遅れてブラックリストに載るというリスクも避けられます。
おまとめローンを利用しながら他の業者にお金を借りることも可能です。

 

○デメリット
おまとめローンというのは、単純に今ある債務をまとめるだけの手続きなので利息の引き直しなどは行いません。利息制限法に基づいて利息の計算をし直すと借金残高が少なくなることもありますが、その点は考慮していません。
まとめて融資してもらった借金には利息が付きます。せっかく一つにまとめたのに、おまとめローンの借金を返済するために新たに借金をしてしまったり、ヤミ金に手を出してしまう人もいるので、これは大変に危険です。
また、おまとめローンを利用するためには審査があるので、審査に通らないとこのサービスは利用できません。

おまとめローンと債務整理は別物