おまとめローンと債務整理の違い

おまとめローンと債務整理の違い

たまに、おまとめローンを利用すれば債務整理できるのだと勘違いしている人がいるのですが、おまとめローンと債務整理は全く別のものです。
債務整理をするには、司法書士や弁護士など法律の専門家の助けが要ります。債務整理をすると利息制限法に基づいて利率の引き直しを計算しをするので、多くの場合借金総額が減ります。その上で借金の返済を継続していくことになります。

 

おまとめローンだとこの利率の引き直し計算はせず、複数社にしている借金総額をそのまま引き継ぎ、返済を続けていくことになります。

おまとめローンと債務整理、どちらを選択した方がいいの?

何社からも借金をしていて、返済が難しいという状況に陥ってしまった時、おまとめローンを利用する方が良いのか、債務整理をした方が良いのか、どちらを選べば良いのでしょうか?いくつかポイントを挙げてみますので、ポイントを考慮してよく考えてから決めるようにしてくださいね。

 

【おまとめローン】
・本来支払う必要のない利息分も支払わなければならない
利息制限法には、金利制限が定められています。過去に借り入れていた金に制限を超える金利がかかっていた場合、引き直し計算をすればその分の利息は支払わなくて良いことになっていますが、おまとめローンを利用してもこの引き直し計算はしないので、超過の利息分も引き続き支払わなくてはなりません。

 

・おまとめで借り入れた分に利息がかかる
おまとめローンも借金に変わりないので、利息がかかります。

 

・返済計画を立て自覚を持たないと、また新たに借金してしまうことがある
信用情報(ブラックリスト)に載らないので、別の金融会社からの借金が可能です。注意をしていないとまた新しい借金を作ってしまう人がいます。

 

・保証会社になっている消費者金融から借金の請求をされることがある
消費者金融から逃れたくておまとめローンを利用する人もいますが、おまとめローンを利用している銀行に保証会社として消費者金融が付いている場合があります。結局、銀行のおまとめローンを利用しているのに、再び消費者金融から請求が来るという事態になることがあります。

 

 

【債務整理】
・利率の引き直し計算をするので、払う必要のない利息分が発生し借金総額が減る
つい最近まで、利息制限法に定められた利息以上の金利でお金を貸す貸金業社がたくさんありました。債務整理をすると利息制限法に基づいて金利の引き直しをするので、余分に払っていた金利分が引かれ借金総額が減ります。借金残高が減っているはずの借金をそのままおまとめローンで借り換え、返済を続けていくというの非常に不利益なことです。無くなっているはずの借金を返済するために、持っている財産に抵当権などの担保を設定されることもあります。

 

・過払い金の請求ができる
過払い金が発生していることがわかったら、今すぐ取り戻した方が良いでしょう。多くの金融業社は、経営状況が順風満帆ではありません。どんどん経営状況が悪化する中、過払い金の返還請求をどうにかはぐらかそうと知恵をつける業者もありますし、実際経営難で支払いに応じられない状態になっている業者も多くあります。たとえ裁判まで持ち込んでも、返還に応じる能力がない金融業社もあります。さらに、金融業社が倒産してしまうと倒産後に過払い金を取り戻すことは難しくなるので、できるだけ後回しにせず過払い金は返還してもらうようにした方が良いでしょう。

 

・今後の利息をカットできるケースがある

 

・信用情報に載るので、必然的に新しい借金ができなくなる
信用情報(ブラックリスト)に載ることをとても嫌がる・怖がる人がいますが、デメリットばかりではありません。必然的に他の機関からお金が借りられなくなるので、新しい借金を作ってしまう心配がなくなります。
また、信用情報に載ったからといって未来永劫お金が借りられなくなるというわけではなく、一定期間借り入れができなくなるだけです。お金を借りて生活を回すという考え方を改める良い機会だと考えましょう。
普通は、働いて得た収入だけで生活を回していくのです。

 

 

以上、おまとめローンか債務整理の利用を検討する際に考慮するべきポイントを挙げました。おまとめローンは素晴らしい制度のように宣伝されていることがありますが、良い面だけではないということを知っておいた方がいいですね。
安易に借金を作り、多重債務に陥り、またここで安易におまとめローンに借り換えるより、一度立ち止まって真剣に借金問題と向き合ってみましょう。
おまとめローンを利用して、借金問題は解決しそうですか?
これから他に借金を作らず、おまとめローンの借金は完済できそうですか?
借金を完済するために、取るべき手段についてじっくり考えてみてください。