借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

400万の借金地獄に落ちたごく普通の人間だった僕の話

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

ほんの数ヶ月前まで、僕は地獄の中にいた。
借金返済という地獄。
その地獄の借金生活について、ここで話をしてみようと思う。

 

ごく普通の人間だった僕がどうして借金地獄に落ちてしまったのかというと、きっかけは本当に何気ないこと。誰にでも利用できる身近な制度を利用したことだった。

 

"それば「リボ払い」"
借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

 

僕は素直に、便利な支払い方法だと思った。これで少し生活が楽になるんだと、目先のことしか考えずにリボ払いを利用した。その仕組みやデメリットを知らないまま、安易に手を出したのが間違いだった。

 

今ならわかる。
でももう遅い。

リボ払い。安易に手を出したのが間違いだった。

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

私は当時、社会人になったばかり。世間知らずだった。社会人になってまず、クレジットカードを作った。この時に一緒にお勧めされたのがリボ払い制度。

 

新社会人となり、新生活が始まり、必要なものと欲しいものがたくさんあった。

 

毎月の支払いを一定額に抑えて支払いができるなら、初任給でまだまだ給料が低い私でも、新社会人として必要なものや、「欲しいものが手に入れられる」そんなことしか頭になかった。

リボ払いは、お金持ちになった気分を味わえた

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

結局、リボ払についてきちんとした知識もないまま、なんだかお金持ちになったような錯覚に陥り買い物をしていた私は、ある日未払い残高がすごいことになっていることに気がつき、愕然とした。

 

一体この先いつまで支払いを続けなければならないのだろう。未払い残高に気がついた時に、恐怖が襲ってきた。手数料だけでもすごい額を払うことになるじゃないか・・・

借金が膨れ上がっていた。気が付いたときはもう遅かった

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

そのあとはなるがまま、クレジットカードでお金を借り、それでも足りなくなり、最終的には複数の消費者金融からお金を借りた。

 

 

借金の総額はざっと400万。
月々の返済額は12万。
私の月給は手取り19万。

 

 

家賃が5万5千円なので、やっていけるはずがない。生活費が足りず、また借金をする。完全に悪循環だ。引っ越しをしようと思ったけれど、引っ越し費用すらない。

 

身動きが取れなかった。

 

自分でもその状況がマズイということはわかっていたけど、どうすることもできなかった。そして当たり前だけれど、そんな自転車操業状態の生活は長く続くはずもなかった。

電気が止められてしまう危機感

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

その時どうしても払わなければならなかったのは電気代だ。それ以前にすでに何度も滞納を繰り返しているので、次の支払いが遅れたら電気が止まる。

 

電気代だけ、どうにかして支払わないと。その時は、電気代のことしか頭になかった。

消費者金融のカードでお金を引き出す。当たり前の行為になっていた

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

私はコンビニに行き、ATMでお金を引き出そうとした。消費者金融のカードで。

 

いつもと同じように、いつもと同じ手順で。

 

どうしてもお金が必要な時は、お金を引き出して、それで支払う。いつもそうしていた。それが当たり前になっていた。

え??お金が引き下ろせない??!!

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

この時は電気代と生活費と合わせて、3万円引き出そうとした。いつものように。

 

ところが、画面に表示されるのはエラーの文字。
何で?お金が出てこない!!お金が!

 

私の頭は真っ白になって、パニックになりかけた。

 

カードの読み取りがうまくできていなかったのかも。暗証番号を間違えたのかも。もう一度カードを入れて、お金をひきだす手順を踏んだけれど、やはりエラー画面。

全部ダメじゃないか!!

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

心臓がばくばくして、嫌な汗が出た。他の消費者金融のカードを使ってみるが、全てダメ。クレジットカードもダメ。全部ダメじゃないか!!

 

消費者金融にその場で電話をかけてみる。お金が引き出せない、と。そこで通達されてしまった。
「これ以上の借し付けは出来ません」と。

貸し付けの限界に達していた

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

ああ・・・ついにこういう時がきたんだと、打ちのめされた。

 

目の前が真っ暗になった。

 

こうなるとヤミ金に手を出すしか無いのか・・・流石にそれは、と思いとどまったけれど、生活費が足りないことに変わりない。

いつの間にか、地獄に落っこちてしまっていた。

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

財布の中にはお札すら入っていない。

 

ごく普通の一般人だった私が、どうしてこんなに短期間で多額の借金を背負う羽目になってしまったのか・・・。まともなローン会社や消費者金融からの借金ができなくなるほど、返済能力がなくなるほど、お金を借り続けることになってしまったのか・・・。

 

いつの間にか、地獄に落っこちてしまっていた。
気がつかないうちに。あっという間に。

闇金からお金を借りたらもう終わりだ

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

それでも私の中では、ヤミ金に手を出すという選択肢は無かった。

 

あそこに行ったらおしまいだ。法外な金利をふっかけられて、返済ができないと怖いお兄さんがやってきて家のドアを叩いたり、嫌がらせをしたりする・・・そんなイメージがあったからだ。

 

逆に言えば、そのくらいの常識は私にもあった。闇金からお金を借りてはいけない、借金はするもんじゃない、そんな基本的なことは分かっていたのに、"それでも借金地獄に落ちてしまった。"そんなこともあるのだ。

必死の思いで取り繕い身内からお金を貸してもらった

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

消費者金融からお金を調達できないとなると、あとは頼みにできるのは家族と親戚くらいだろう。「借金をしていて返済不能に陥ってる」とは言い出せず、
親や兄弟、親戚に、新社会人となり新生活が始まり、初任給での生活が苦しいので少し助けてほしい、「お願い〜!」と可愛く冗談交じりに頼み込んで、数万円カンパしてもらった。

 

よかった・・・

 

これで電気代が払える。生活費の足しもできた。
でもその後は?
返済は容赦なく迫ってくる。
来月の水道代、電気代、その後の生活費は?

楽になりたい。全部おしまいにしたい

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

未来が真っ暗だった。「楽になりたい。全部おしまいにしたい」そんな考えで頭の中がいっぱいになった。自殺の二文字が頭をよぎったけれど、その一方で、楽になるために、全部おしまいにするためには、自殺するより先に何かできることがあるかもしれない、とも考えた。

自殺する前に何かできることはあるかも、と思いとどまった

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

借金の返済を無くすことはできないだろうか?自己破産?
自己破産についても、詳しい手続きや破産した後に自分がどうなるのか、詳しいことは知らないけれど、自殺するよりは何倍もマシかもしれない。

 

そう考えて、考えて考えて、以前に地下鉄の広告で見た法律事務所、借金の文字。思い切って、法律事務所へ相談に行くことにした。

無料で相談にのってくれる神がいた。

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

もちろん、弁護士さんへの相談料なんて払えるわけもないので、無料相談を行なっているところを探して、そこへ向かった。とても緊張した。嫌な顔をされるかもしれない。自業自得だと言われるかもしれない。バカなことをしたと怒られるかもしれない。

 

やっぱり引き返そうかとも思ったけれど、引き返して戻るところはあの借金地獄。あそこに戻るよりはマシ。最終的に自殺という道を選ばなければならなくなるなら、その前にやれることがあるならやっておこう、と、そう思って弁護士事務所のドアを叩いた。

覚悟を決めて弁護士事務所のドアを叩いた。

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

いざ弁護士さんと面会すると、"一体どうして、もっとここに早く来なかったのか"とものすごい後悔と徒労感に襲われた。

 

お金の借りられるローン会社や金融会社を探して、どこからいくらの借金をして、どこへいくらの借金を返済して、なんて考えて苦しんでいる暇があったら、さっさとここに来て相談していれば良かったんだと、自分に対して怒りすら感じた。

他にも道がある、ということを知った

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

物腰柔らかく、でも真剣に親身になって話を聞いてくれる弁護士さんと、1時間ほど話をした。わかりやすく丁寧な説明もしてくれた。そして、私は借金をチャラにするためには自己破産しかないと勝手に思い込んでいたのだけれど、それだけが方法じゃない、他にも道があるということを弁護士さんが教えてくれた。

 

それは"債務整理"という方法だった。

僕に命の継続を与えてくれた債務整理という方法

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

債務整理の方法には、3つの方法があるということだった。任意整理、民事再生、そして自己破産。

 

私の場合、"自己破産をするのではなく任意整理をするのが良い"ということだった。借金の返済は無くならないが、利息がカットされるので毎月の返済額がずいぶん減るらしい。財産を手放す必要もなく、一番リスクのない債務整理方法だ。私だけじゃない、たくさんの人かこの任意整理をいう制度を利用しているそうだ。

 

専門家に話を聞いてもらい、先の見通しが少し立ったことで、気持ちがとても楽になった。

 

自己破産をするしか方法はない、それができなければもう命を絶つしかないかもしれない・・・と思いつめていた私は、弁護士さんに相談して本当日本当に、安心した。

今すぐに任意整理の手続きを始めてほしい

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

「すぐに任意整理の手続きを始めてほしい」と伝え、相談した弁護士さんのいる弁護士事務所にお任せすることにした。

 

債務整理を始めるにあたって、1つの儀式を行った。"持っていたクレジットカード、そして複数の消費者金融のカードを、ハサミで切った。"もう2度と、愚かな借金をしないことを固く誓うために。

え!?返済しなくていいんですか!?

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

弁護士さんが、「さぁ、これで来月から、借金の返済をしなくてもよくなりましたね」と言うので、「え!?返済しなくていいんですか!?」と驚いて聞き返してしまった。

返済がなくなったと聞いてもイマイチピンと来ないんだが・・・・

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

今まで、返済に追われる毎日にどっぷりと浸かってしまっていて、すっかりそんな日々が当たり前になっていた。実際のところ、借金がゼロになったわけじゃない。

 

新たな返済プランが組まれその返済が始まるまでの間、今までの返済はしなくて良いらしい。新しい返済は、だいたい4〜5ヶ月後から始まるらしいが、返済額は3〜4万円くらいになるらしい。

 

今まで毎月12万円の返済で生活が回らなくなっていた私にとって、3〜4万という額は本当にありがたい。少し節約をすれば、自分のもらうお給料の中で返済していける額だ。催促の電話ももうかかって来ない。もしかすると過払金の分、返済総額が減ることもあるかもしれない。

 

信じられない気持ちだった。少し勇気を出しただけで、こんなに生きてるという実感を持てるなんて。"やっぱりもっと早く、専門の人に相談に来るべきだったと後悔した。"

翌日から、私の生活がガラリと変わった。

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

嘘みたいに変わった。何もかもが違う。朝起きた時、返済に苦しまなくていいんだ!と気持ちよく1日をスタートさせられる。

 

そして、法律事務所へ相談に行った日から4ヶ月経った今日、最終調整のために再び弁護士事務所へ行って来たところだ。やっぱり少し緊張したけれど、以前のような恐怖や絶望感はなかった。

 

数ヶ月ぶりに弁護士さんに会い、話を聞いた。私には過払い金があったということ。

 

こういうことも、素人の私にはわからなかったこと。プロの人にお任せして、きちんと調べてもらうとわかることもあるんだなぁと改めて実感。なんでも専門家に相談して、お任せするべきだった。"そうでなければ過払い金なんて自分では気がつかないまま、ずーっと終わらない借金返済に追われ続ける毎日を過ごしていたんだろう。"

毎月の返済額が1/3になった

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

債務整理前、私の借金は400万円。毎月の返済額は12万円だった。
それが、債務整理後には借金は260万まで減り、毎月の返済額は4万円になった。

 

弁護士さんには感謝しても仕切れない。どうやってお礼を言ったらいいのか分からなかった。「命の恩人です」とお礼を言ったら、「大げさですよ」と言われたけれど、大げさなんかなじゃい。本当に、命を救ってもらったと思っている。

人生に光を感じた

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

今日から私の新しい借金返済生活が始まる。
でも今までとは違う。以前の地獄の借金生活とは違って、無理のない借金返済生活だ。

 

仕事をして給料をもらい、そのお金の中でやりくりする。家賃を払い、生活費を払い、少し節約をして、毎月の返済をする。当たり前のことだったのに、どうしてできなかったんだろう?どうして、持ってもいないお金を自分のお金のように錯覚して、あんなにお金を使ってしまったんだろう。

借金地獄を振り返ってみた

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

借金地獄を経験して、1つ言えること。"もう絶対、あの地獄には戻りたくない。"
身の丈にあった生活をする幸せ。自分で稼いだお金で、平和に生活する幸せ。この当たり前にあるはずの生活を、私はもう2度と手放したくない。

 

 

リボ払いやカードローン、消費者金融を利用している人は、一度自分の返済総額を確認してみたほうがいい。

 

なんとなく「まぁいいや」で見て見ぬ振りをして毎月の返済を繰り返しそのままにしておくと、気が付いた時にはとんでもないことになっていて、手遅れになっていることがある。返済や借金の正確な現状を絶対に把握しておいたほうがいい。

気がつくなら早いほうがいい。

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

気がつくなら早いほうがいい。病気と同じ。重症になる前なら、簡単に立て直しができるかもしれない。

 

もし気がつくのが遅れてしまって、私のようにもう自分一人ではどうにもできないような状況に陥ってしまった人がいるとしたら、それでも、命に関わる重病とは違うやり直す方法は必ずある。

冷静になって現状を把握することが絶対に大事

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

借金返済に追われていると、お金のことで頭がいっぱいになってしまう。返済をどうやって返そうか、どこからお金を借り入れようか、そのことしか考えられなくなってしまう。

 

ちょっと自分の状況を、客観的に見てみることが大切。そして、もしかしたら借金総額が減るかもしれない、返済額も減らせるかもしれないと知ることも大事なこと。

やらないで苦労するのか、そうでないのか

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

いきなり法律事務所に行くのはちょっと・・・と思う人がいたら、借金減額診断を利用してほしい。
僕も最初は、藁をもつかむ思いで借金減額診断を利用した。

 

匿名で借金を減らす額と、その方法を相談できるシステムがある。
無料だし、匿名でOKなので、まずは相談してみたらいい。

 

無料で借金返済の相談をする

 

何度もいうが無料のサービスだ。パソコンやスマホからアクセスできて借金がどのくらい減額されるか、診断してくれる。
今現在の借金総額や借入先の件数などを打ち込むだけで、診断が出る。
"匿名だし、とりあえず現状を把握するためにやってみたほうが絶対にいい。"

 

診断を受けてみて、債務整理をした方が生活が楽になるようだったら、そのまま債務整理へ進めばいい。無理に債務整理をする必要はないけれど、このまま借金まみれで無理をして生きて行くより良い道を選ぶのが正解ってやつだ。

 

この無料サービスから、無料で法律事務所も紹介してもらえる。借金を作った自分が悪い人間だなんて思わないで。あなたを救おうと手を伸ばしてくれる人が、自分が知らないだけで世の中にはいるんだ。

 

自分自身の借金の現状を把握するため、そして、債務整理はしないとしても返済のプランを立て直すためにも、ぜひこの無料診断を受けてみたほうがいい。

 

あなたのために。
あなたの未来のために。
私のように地獄に落ちて苦しい日々を送ったり、あの時、無料診断やっとけば良かったと、悔やまないために。

 

借金返済方法。400万の借金地獄に堕ちたリアルな話。死のうと思った。

>>無料で借金返済の相談をする<<